読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンガエゴト・オモウコト

日々のカンガエゴトとオモウコト。かわいい笑顔をしてくれているのを見るのが幸せ。

NEWS 沼化問題

私同世代としては、嵐・タキツバ・関ジャニで、ちょっと下にNEWS、KAT-TUNがいる世代です。

ジャニーズJr.黄金期と言われていた世代です。

だからKAT-TUN位まではCD買ってましたし、それはアイドルとしての対象ではなく、オリコン10位までは必ず聴きます!流行りの曲としてという気持ちで聴いていました。

 

ちょっと前にも書きましたが、お茶の間ファンとしては真剣にミーハー担として生きてきたつもりです。笑笑

 

嵐は大野智さんのダンスが好きで細かなカウントも全て踊りきる姿に心酔し、そして尊敬し、ここまで来たら入らずにはいられなかったので入ったのです。しかしその後のNEWSのはまり具合たるや。。。

 

その日は突然訪れました。

元々嵐を見る会として設定されていた嵐会。基本的には嵐ファンが集まっています。軽めから重めまでが4名。

しかし、その日はまったくジャニーズには興味のないホームパーティとして来ていた友達から師匠とあがめている事務所担の友達まで。

私の家にはたまたまプロジェクターという、ジャニーズ好きにはたまらないものがありまして、その日は2011年のARASHI 10-11 TOUR "Scene"〜君と僕の見ている風景〜 STADIUMを見た後のことでした。

 

私が師匠と呼んでいるジャニヲタさんが今日はいろんな映像を持ってきてるよと言ってまずは関ジャニ∞の8UPPERSやKis-My-Ft2のSNOW DOMEの約束を見せてくれました。

 

で、最後にと言って取り出してくれたのがNEWSの2012年のコンサート~美しい恋にするよ~でした。

私たち、世代ではあります。だからもちろん9人のNEWSも6人になった時代も知ってはいました。

手越さんてイッテQでアイドルなのに体張ってるよね。とか小山さんて選挙報道であまりにも上手すぎてアイドルなのに本物超えてる!とかそういう感想だったんです。

 

でもでも、見たら一撃でした。

アイドルが号泣すること。

f:id:lisakaiho:20150813155938j:image

気持ちが抑えきれずに、涙が堪えきれずに溢れ出て嗚咽するほどのドラマとファンの崩れていく姿に、こちらも全員で号泣してしまうという事態。

f:id:lisakaiho:20150813155927j:image

私はっきりいってこんな号泣することないです。

自分の結婚式でも一粒も涙がでない程の。

 

そんな私は涙腺崩壊し、好きになりすぎて辛いレベルがこういうことなのかと。

多分ある程度学歴もあり、ふつうの社会人としても生きていけて、イケメンだから絶対合コン行ってもモテて、それこそそもそも楽しく人生送れたと思います。

 

アイドルとして生きていくには過酷すぎるドラマがあって。

そもそも男性が人目を憚らず号泣することってありますか。私は見たことがなかったです。しかも、嗚咽するレベル。

 

サラリーマンは簡単にクビにならないし、有休あるし、そりゃ努力もしますがある程度達成できるレベルだと思います。

でも、NEWSはこれからという時にメンバーを失い、活動休止もして、そして2大看板を無くし、大人たちから駄目だしと心無い言葉を掛けられ悔しくて悔しくて堪らなかったと容易に想像が出来ます。

9人だったグループが4人になるってそんなグループこれまで無かったと思います。

それでも、大人たちに掛け合い、頭を下げ続けさせてほしいと懇願する中、もしかしたら自分たちのコンサートは既に最後で終わっていて、このままグループも解散して、今後の未来が断たれてしまうかもしれないという不安。

ジャニーズでグループ解散してしまったら、もうあの光はあの景色は望めないわけで、20代でそんな心が折れてしまう現実を突きつけられてももがき続けた彼らを思うと心が痛みます。

そして、少し前まではできていた東京ドームのコンサートを望めず、秩父宮での開催。

思う事沢山あったでしょう。

それがあの4人のぎゅうっと心を締め付けられる言葉と涙にウソ偽りはありませんでした。そして前だけを見て、ただただコンサートをできる事に幸せを感じて、当たり前のような日々に感謝し、ファンに誓いをたてる姿は神々しくて、強くて誇り高くて感動しかそこには無かったのです。

 

落ちました。私たち。

 f:id:lisakaiho:20150813160000j:image

そして、沼化です。

アイドルってなんなんだろうと思いますが、私はアイドルの人間的な部分がとても愛おしくて、尊敬しかなく、だからこそ、追いかけ続けたいと熱望してしまう存在なのだろうと思います。