読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンガエゴト・オモウコト

日々のカンガエゴトとオモウコト。かわいい笑顔をしてくれているのを見るのが幸せ。

大事なもの守りたいだけ なのになぜ傷つけてしまうんだろう

大事なもの守りたいだけ

なのになぜ傷つけてしまうんだろう

あの笑顔に出会えるように

闇の先へ歩き出していこう

 

だから

何度も 何度も僕らは歌うよ

一生一度の奇跡握りしめ

頼りない夜に一つの光を

灯せたらいいのにな

 

NEWS:ヒカリノシズク 抜粋

 オリコンチャート2日目 1位でした。

 

 

続々と箱が届くので、開けられないでいます。

まだまだ、SMAPの報道が過熱していて、ここまでくると正直ジャニーズ事務所への風当たりも厳しくなっているのではないかと思って、ファンが事務所に対してちょっと一般のマスコミと同じような対応になってきてしまっているのではないかなと思います。

 

今回のことはジャニオタとしてではなく、私が一広告代理店営業として考えるとあの謝罪は、とても納得のいくものですし、社会人としてあるべき姿ではないかなと思うのです。

年間契約料が億を超えるタレントによって、その企業の好感度は左右されるのです。

その企業だって、会社の顔としてビジネスで使っています。契約料だけではありません。媒体ごとにかかる掲出するための掲出料から制作費、メディアの掲出料まで払っているのです。

 

また、テレビ局の番組だって、視聴率ですべての広告料金が決まります。番組の視聴率がよければ続行、悪ければ改変していくのは当然のことなのです。提供がつかなければ、番組はできないのです。

どこの企業だってビジネスで生きるか死ぬか必死なんです。

 

リアタイするというのはそういうことだと思います。

だから、ファンの気持ちが大きくて違う方向でジャニーズ事務所や経営陣を責めたとしてもそれはただただジャニーズ事務所の力をファンによって縮小させてしまうことになってしまうのです。

 

もし自分の会社が世間から悪く言われ続けたらそこで働いている方たちの気持ちを考えると居たたまれないものがあります。

 

もちろん私もジャニオタとしては大事なものは守りたいです。あんな辛いSMAPの顔はみたくなかった。。。

 

でもビジネスなのです。だからあそこでSMAPは社会人としてしっかりとけじめをつけるために頭を下げたと思っています。

その対応の速さはやっぱりSMAPのパワーと大人としての責任感だと思います。

もう会社でいえば、ある程度役職ついている年齢の大人です。

その大人が判断したことなのだから、事務所に言わされているのではなく本人たちの意志で立っていると感じています。

会社の代表として、ジャニーさんは本人たちの意思を尊重するという姿勢です。

これって普通の会社で考えたらめちゃくちゃ優しくないですか!!

もちろんSMAPは事務所の3割程度を稼いでる稼ぎ頭だと思います。

 

でも、もし会社のサラリーマンとして、どんな理由があったにしろ派閥抗争の最中で敏腕本部長が会社の敏腕営業マンを5人引きぬいてクライアントを持って新会社を設立してしまったら正直それは、普通の会社だとしたら訴訟問題に発展します。

 

しかも芸能界でタレント個人の意思で事務所を移籍するっていうことは並大抵のことではないです。どんなに人気があったとしても、基本的にはルール違反なのです。

 

だからこそ、今回のジャニーズ事務所の対応に私はこの会社は確かにえ??と思うことも沢山あるけれど、見直したんです。

タレントをものではなく、家族として考えているのかな。と。

 

事務所だってななるべくもめごとは起こしたくないですし、なんといってもファン層の若いジャニーズ事務所だからこそ、親世代は敵に回したくない。

そして、タレントを小さい頃から預かっている責任があるとは思っています。

 

事務所もビジネスとして考えたら、簡単に損益分岐点が大幅に割るようであればその部署(グループ)は解散させるのは当然だし、そこで赤字しか見えないよう新製品(新曲)であればリリースは考えるし、っていうのが当然だと思うんです。

 

でも、もちろんね、ファンとしては応援したいし歌が聴きたいし、TVでコンサートで見たいです。

けれどボランティア活動じゃないので、なかなか難しいそれが大人の事情だと思うのです。

 

だからCD買ってね!ってことなんだと思います。

今回はきっといろんな人のいろんな大事なものを守った結果

 

ジャニーさんだったら、SMAPの意思

メリーさんだったら、事務所全体のタレントの気持ち

飯島さんだったら、自分の手がけているタレントの人気

SMAPだったら、自分たちの育ててくれた飯島さん

他グループの先輩や後輩だったら、会社の大切な同僚であるSMAP

ファンだったら、自分の応援しているグループ

の思いがうまく重ならず、だれも悪くないのにマスコミが騒ぎたてた結果こうなってしまったと思っています。

 

でもマスコミはビジネスとして、記事を書いたりして売れるような仕組みを作っているので踊らされてしまうと自分の好きなタレントが活動しにくくなってしまったり、気持ちが前に進みづらくなってしまうのではないかと思います。

ジャニーズ事務所をたたき続ければ、ジャニーさんメリーさんジュリーさんをたたき続けてば、自分が応援しているタレントが仕事しにくくなってしまいます。

特にTV番組やCMは特に関係してくると思います。

 

テレビ局や映画関係者やCMのスポンサーは’ジャニタレ使うといろいろうるさいからな’というネガティブなイメージしかつきません。

 

私たちは今、しなければならないのはジャニーズの〇〇が好き!!って言い続けることだと思います。

私のクライアントでもジャニーズ事務所という大きな事務所と仕事がしたかったから、今回起用してみたという話も聞きます。

 

でも事務所を悪く言い続けたら、ジャニーズ使うのやだなと思ってしまいます。

どうかどうか、誰も悪くない、みんな大事なものを守りたいだけなんですってことを今一度考えてくれるきっかけにならないかなと思います。