カンガエゴト・オモウコト

かわいい笑顔をしてくれているのが幸せ。

ジャニオタが結婚にこぎつけるまでのお話!

10月に婚活について、書かせていただきました。

せっかくなので、どうやって結婚までにこぎつけたか?笑

書いてみようと思います!!

 

lisakaiho.hatenablog.com

前にも書かせていただきましたが、全く出会いのなかった29歳を過ごした私は、もうこの1人の出会いを大切にするしかない!!!!!

ありがとう!私と出会ってくれて!!と思いながらやっとできた彼に感謝こそ伝えはしませんでしたが、思っていました。笑 

 

さて、私は1月には付き合っていたつもりではございましたが(勝手に付き合ってたと思っているくらいポジティブでいた方が、痛い人でありますが気持ちが楽でした笑)3月ごろに正式?にお付き合いをしていました。

30歳の私は

「今日より若い日はもう2度と来ない!1日たりとも無駄にしない!」

をモットーに生きていました。笑

 

私は、飽き性なので好きの気持ちの持続ができるか問題も抱えておりまして←、だったら1年くらいで好きな気持ちのまま結婚したいと思いました。

じゃあ1年をどうすごすかなのですが、

 

12月末 出会い

1月   私の中では交際スタート!笑

2月   バレンタイン (ここで旅行に初めていきました)

3月   ホワイトデー 彼の中で交際スタート!笑

4月   私のお誕生日  (このときだけは彼が自分でプロデュースしたいといってくれたので、お言葉に甘えました。基本的には私はお誕生日は自担が画面上で祝ってくれるし、お仕事もGW前で忙しいのでほしいものを買ってもらえればよいと思っています。笑)

5月   GW (2度目の旅行 どこにいったかなにをしたか忘れました笑)

6月   私の母のバースデーパーティで彼を家族に紹介

7月   結婚式場の下見

8月   彼の家にご挨拶

9月   同棲の準備とともに顔合わせの準備

10月  同棲開始

11月  顔合わせ

12月末 籍を入れる

翌8月   結婚式

 

といったスケジュールでした。

怒涛ですね!!

しかし1年くらいで(嫁に)いくためにはこれがぎりぎりのスケジュールでした笑

さて、はじめにしたことですが

 

①結婚に向かって価値観の相違を確認し、自分と余りにかけ離れていたらそれを縮める努力をする

 

彼は、女性は結婚をしたら子供を産んで専業主婦となるのが1番の幸せと思っている結構古風なタイプでした。

しかし、よくよく話を聞くと周りの女友達がそれを望んでいたことだということがわかりました。

私は絶対に働いていたい(だって私の応援しているアイドル前払いが基本ですし、、笑)タイプで母も開業して働いていました。

小さい時から(確か3歳の時に言われたのを覚えています。)

「女性は働き続けなさい。そのためにも男性よりも100倍努力しなさい。同じ努力では同じ地位にはいけないから。」といわれていました。

今のご時世そこまででもないので、ラッキーだったなあとは思います。

で、何をしたかというと共働きのメリットをプレゼンしていました。

基本的には、共働きと専業主婦のもらえる額の違いの東洋経済の年金の記事とかを見せてこれだけ私が共働きになるとメリットあるよ的な話をしていたと思います。

また男性にとって給与水準が結婚に踏み切れるかの1つの目安になるようでしたが、

「私は自分で自分の分は養えるようにします」というプレゼンをよくしていました。

基本的には東洋経済日経BP、プレジデントの記事といったビジネス誌の記事で数字がしっかり出ているものをLINEで送ったり話したりして、伝えていました。

お金を話をして、私が働くから世帯収入はこれくらいになるのでしたい仕事をしてもいいよとか、そんな話も割とリアルにしていたと思います。

これで彼も金銭的な心配はなくなったようで、すぐに共働き推奨派になりました。(決して、専業主婦がいいとか共働きがいいとはどちらかが優れているという話ではなく、私にとって共働きの方がメリットが多いという中での話です。)

実際は家事が大嫌いなので、家事育児を自分ひとりの手で負うのは無理だと思っていてそれでどうしても働き続けたかったという個人的な理由が大きいです。笑(だってコンサートとかコンサートとか遠征とか遠征とかいきたいですしね。)

 

②なるべく早めに親に紹介をする

 

あとはどうやって周りを固めていくかということが重要だと思っているのですが、私の親は常日頃、

「もうあなたは若さも可愛さも何もないのだから、だれでもいいから結婚しなさい!!離婚していいから1度でいいから結婚してその苦労をしりなさい。」

と言われていました。

だから彼氏がいるということと、簡単なプロフィールを伝えただけで

「はい、その人と結婚しなさい!!ママのお誕生日会につれてきて!」

と言われていました。

彼にその旨を伝えるとOKしてくれたので、ホテルのお食事会(私の家族と彼)で紹介をしました。

もう帰りの車の中では

「はい、もう彼と結婚しなさい!今すぐ!!」という感じでした。笑

で、どうやら彼もその話を自分の両親にしたらしく、そうしたらすぐに紹介しなさいといわれたようで、お盆の日にご挨拶にいきました。

 

③結婚式を軽い気持ちで予約しにいくと焦ってスケジュールが詰まる

 

実は、軽い気持ちで年末くらいに結婚できるといいね~なんていいながら、1回結婚したいホテルを7月ごろに見に行ったのです。

そ、う、し、た、らなんと来年の8月まで埋まっていて、結婚式を挙げられるのが来年の8月以降ということがわかり、彼が初めてそこで慌てました。笑

そこのホテルでしか結婚式をしたくなかったので、ここしかいってなかったんですけど勢いで予約をしてしまいました!!

こういう勢いって大切なんだなあって後々思います。

もし、結婚に踏み切れていないカップルの方がいたらかなり人気で1年半以上待つみたいなところの式場見学に行くことをお勧めします!!

今はご飯が食べられたり、デザートが食べられたりするので、それで気をひき1年以上待つの?!じゃあ!みたいになる可能性はあるかな?ないかな?あると思うんだけどな!

ちなみに余談ですが、結婚式のお金も私が大目に出しますので私のやりたいようにやらせてほしいといって1/3を彼、1/3を私の母、1/3その他自分にかかった経費はすべて自分で払うというようにしたら、結婚式のお金にもだいぶ安心したようで、すんなりと受け入れてくれました。

 

そして、ちなみにちなみに余談ですがエンゲージは買ってもらいましたが、マリッジは私がどうしてもほしいのがあり、彼の分と自分の分の半額を私が払いました。笑

ここまでくると超強欲ですが後悔したくないし、それくらいお金を自分で稼ぐ意欲?払う意欲?があるんだなと思ったらしく、結局あんまりお金のことは揉めたりせずそして彼もあまり悩まず先に進めたような気がします!

 

もちろん彼が全額負担してくださる最高のお相手を見つけたらそれに越したことはありませんが、なかなかそうもいかない世の中じゃないですか。

皆さん、自担には払いますよね??お金に糸目をつけず出しますよね??笑

それと引き換えにHAPPYが待っているからですよね??

そんな気持ちでおりました。。。笑

 

④面倒くさいことは一手に引き受ける

 

遠征や舞台、コンサートのやりくり、鑑賞会の準備にはぬかりなくできる皆様のことと存じております。

だから必ずできます!!そして、彼が何もしなくても怒らないであげて下さい。

基本的には何もしないと思っていてください!笑

にこにこさっさと段どってください。日程だってあなたのほうが忙しいはずです。土日の予定だって埋まっている日が多いでしょう。(自分の)空いている日で例えば両家のご挨拶顔合わせ等は日程確認をしてさっさと(彼の意見など聞いても答えは返ってきません。笑 3パターンくらいの場所提案をして)予約をしましょう!

・結婚式のホテルを挙げる料亭

・うかい亭のような単独料亭

・ご両親や家族親戚が結婚式を挙げたところ

だいたいこの3パターンのどれかに決まるはずです。

 

とにかく無駄に喧嘩をするとなかなか前へ進まないし、自分の予定だってどんどん埋まっちゃうと思うのです!!!ジャニオタ忙しいですし!

だから、喧嘩しそうになったら自担のかわいい写真を見る!

腹が立ったら、自担の映像を見る!!

あなたの生活を豊かにするために自担はいるんですから、それでぜひ乗り切ってくださいね!!

 

あなたが常に機嫌よくしていれば、彼もそんなに機嫌が悪くなることはないはずです!

私の場合はそうでした。

だからちゃっちゃと予約でもなんでもして、好きなことを時間を使いましょう♪

 

そんな感じで過ごした、結婚までの日々でした。

ちなみに彼と喧嘩をしそうになったのは、結婚式に呼ぶ方の住所リストを手に入れるのに時間が掛かってしまって筆耕に出せない!となった1度だけでしたが、またこの結婚式の話はいつか。。。します。笑

 

そんなわけで、なんとか出会ってちょうど1年で籍を入れることになりました。

 

最近思うのが、私の不用意な一言で傷つけたとして怒られたとしても応戦は絶対にしないですぐ謝る!彼のしたいようにする。

私もしたいようにするっていうのがお互いが不満にならず楽しく過ごせていくのかなって思っています。

 

きっと彼は私に不満は沢山あると思いますが、私に彼は対して何も言ってきません。笑

たぶん、期待していないのだと思いますがちょうどいい距離感を保っています。

 

結婚までのあれこれ、してからのあれこれたっくさんたっくさん面倒なことがあるとは思います。

結婚が全てでもないとは思います!!

 

でもしたらしたで楽しいですし、メリットだけで考えても

「ジャニーズは養ってくれないんだよ。結婚しろ。」

って言われなくて済みます!!!

 

でかくないですか?!?!?!?!?!?!?!?!笑

 (もしも、男の子が生まれたらぜひジャニーズへ!!女の子が生まれたらジャニオタの英才教育を!生まない自由もあります!)

 

はい、モットーは口を揃えてせーの!

「今日より若い日はもう2度と来ない!1日たりとも無駄にしない!」

(それは自分の大切な時間を確保するため!!!)

 

ご清聴ありがとうございました。