読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンガエゴト・オモウコト

日々のカンガエゴトとオモウコト。かわいい笑顔をしてくれているのを見るのが幸せ。

NEWSのリーダー 小山慶一郎の野心! 

今年になってけいちゃんがアイドル小山慶一郎としての、そしてNEWSとしての野心をはっきりと述べるようになってきたなあとしみじみ感じていて、けいちゃんってつくづく頭のいい人だなあと思っています。

 f:id:lisakaiho:20170110004926j:image

 

f:id:lisakaiho:20170110004943j:image

 

けいちゃんはどんな番組でも重宝される、キャスターもできればMCもできるし、後方支援もさりげない、そしてアイドルとしても”あざとさはリスクを背負ってもやる”なんてプロアイドルでもあります。(そのあとの「こやま(ここはひらがな表記)を性格悪いなんていう人のほうが性格悪いわ~」っていうこやますは後世に残したい名言集にいれてください!)

 

これまでけいちゃんは常にNEWSを後ろから軌道修正をするような、そんな温かくて包容力のあるリーダーでした。

 

そんなけいちゃんは賢いアイドルなので私たちの不安は常に払拭してくれます。

上半期の勢いが下半期とちょっと差のあったNEWSですが、新しい仕事がいただける時期とその仕事を継続していく時期があって”それが分かっていないと落ち込む”けれど”2016年の前半の蓄積は2017年に生きてくるし、グループとして仕事が落ち着いたときこと、個人として飛躍できるチャンスと、言葉にしてくれていました。

 

まさに、下期は

lisakaiho.hatenablog.com

にも書きましたが、個人の仕事をしっかりとやってNEWSへの活動の土台となる力を身に着け結果を出すべく、けいちゃんはキャスターとしての地盤を本当にしっかりと固めていたなあと思います。

news every.の16時台のメーンキャスターとしてけいちゃんは月~木をやっていますが、しっかりと数字をとれているために、未就学児童のアイドルアンパンマンを移動させ(たかどうかはわかりませんが、、、笑)金曜日16時台のevery.が始まりました。

けいちゃんは月に1回は金曜日もでることになりました。数字がすべてといわれているこの世界で他局が16時台の報道番組を取りやめていく中、日テレは報道番組を増やすというまさに勝ちにいく戦いをしていて、そんな番組の中心にけいちゃんがいるって本当に素晴らしいなと思います。

そして、これまでZEROが選挙番組をやっていたところ、every.の特番としてアメリカ大統領選にアイドルとしてメーンキャスターに就任できるって凄いことだと思うんです。

またチカラウタという音楽番組は、常に音楽番組の中で視聴率トップ5に入るような番組になっているのもさすがだなあと思っています。

 

もちろんその間にまっすーはお笑い芸人さんのファンだらけであろう『お笑い番組』でお笑いで歌のうまいキャラとしてネタをいろんな芸人さんと披露したり、シゲはアイドルとして多忙の中週刊誌SPA!で連載を、てごちゃんはサッカー番組でサッカー大好きアイドルでありながらしっかりと副音声を務めました。

 

そんなけいちゃんが今年は「NEWS4人で番組をやりたい!」「アイドル強めでいきます。」との宣言。

ついに足固めが出来たんだなあ、けいちゃんNEWSとして勝負に出るんだなあ今年は!と思いました。

 

これまで度々、キャスター中心の発言が多くファンがちょっと寂しがるそんな時もありました。

でもけいちゃんは、戦略を立てられるリーダーなので、1年単位、3年単位、5年単位で物事を捉えてるのかなぁと思うこともありました。

4人としての4年間、けいちゃんはNEWSにキャスターがいるというその事実をしっかりの世間の認知に繋げる活動をしていたように思います。バラエティにでて、キャスターメインの発言をすれば、だいたいMCの方が

「いやいや、ジャニーズのアイドルでしょ。」と突っ込んでくれます。視聴者にとっては自然にジャニーズのアイドルであり、キャスターとしてもしっかりと努力しているという部分伝わることとなり、世間の認知として高まりました。

2016年は24時間テレビでNEWSに任せられると思われたのもリーダー小山慶一郎の様々な活躍と技量が日テレに認められたからであろうと思います。

 

そうすることによって、4年前活動の危ぶまれたNEWSがじわじわといろんな側面がクローズアップされるようになりました。

 

けいちゃんが出れば、NEWSの小山慶一郎の側面も必然的に見せられることができます。

 

多分けいちゃんのことだから、ずっとNEWSとしての戦う時期について、その瞬間をずっと考えていたと思います。

 

それがやっと満を持して今年、NEWSとしての野心を出してきたんだなあと思うのです。

 

私は、ジャニーズ事務所はいい事務所だと思っています。しかしながら、ジャニーズ事務所だって一企業です。

利益を生み出せる事業部(グループ)でなければ投資できないし、投資してリターンがでる事業部に力を入れていくの当たり前のことだと思います。

 

そのなかでNEWSは、個々に力をつけるという道を選びました。多分それが事務所に「NEWSは本気だ!」と伝える最短の道だったんだろうと思います。そして、アイドル小山慶一郎としては連ドラに出る機会と天秤にかけて、アナドル小山慶一郎を選んだのはけいちゃんの一世一代の勝負だったと思います。

 

けいちゃんは、きっとこの4年必死にキャスターとしての立ち位置を自分のものにしてきたと思いますし、それは何よりジャニーズ事務所にソロでも戦える一タレントとして、そしてそれはNEWSのリーダー 小山慶一郎なんです!と、少しでも事務所に認知してもらえるような挑戦の日々だったんじゃないかなと思います。

結果として、ソロでもCMに起用されたりと小山慶一郎の名前が内外問わず必要とされてきたた今、この2017年に今日のメン愛のアイドル強めの小山慶一郎でいくとの宣言だったんだろうなと思います。

 

 

 

けいちゃんが勝負に出たのが本当にかっこ良くて、勝手に嬉しくてNEWSファンをやっている醍醐味だなあと思いました。

 

けいちゃんの中でアイドル業に対して、世間の小山慶一郎並びにNEWSの認知度もある程度、戦えるだろうという位置まで達したところで、事務所に対して「ここまでなんとか持ってきました!これからはやりたいことを言わせてください。」という時期に来たと踏んだのだと思うからです。

 

社会人として本当にかっこいいなと思うのです。

 

私に置き換えて考えてみたら「既存売上、新規売上、その売上の中身ともに目標を3年間クリアしました。来年からは今のこのクライアントを担当をやりつつ、自分のやりたい事業に投資してくれませんか?必ず結果は出します!」って上司に言うレベルですよね??想像だけで震えますね。。(話が逸れました笑)

 

けいちゃんはどちらかというと保守派であり、グループを守りながら堅実にしっかりと仕事を築いて行くタイプだと思っていました。

少し自分に対して謙虚すぎるなあとか、もっと自信を持ってもいいのになあと思うこともありました。

 

でも2017年の小山慶一郎は違います。各ドル誌、レタスクラブ、メン愛でも言葉としてこうして発信しているということは、2017年NEWSとして戦う土壌はできたから、本気で戦うからね!って所信表明なんだろうと思います。

 

けいちゃんが野心を見せたということそういうことだと私は思っていて、EMMAに対してもツアーに対してもけいちゃんのアイドル力が存分に生かされると本人もわかってるんだろうなと思います。

 

まさに、EMMAはけいちゃんのあの大人のかっこよさが存分に溢れていて、ぎゅうんといやじわじわと世界観に持って行かれました。

 

NEWSはいつも面白いグループだと思っているけれど、2017年のリーダーがまさにNEWSのリーダーで、今年はぐいぐい引っ張っていくのではないかなと思うと震えますね!!!

 

アラサーグループとしては、過渡期だと思うのでアイドルで行くのか大人としてどう見せていくかはどのグループもスタンスを悩む時期ではあると思います。

 

NEWSは本気でアイドルでいくんだろうなと思っていて、それはNEWSが常に少年らしさを大切にしてくれているからなのだけど、そんなNEWSが少年の心を持ちながらも大人のアイドル力を身につけて2017年は戦うんだろうとけいちゃんを見ていて感じています。

 

アイドルであることを改めて楽しむなんて、NEWSファン冥利に尽きるなあと思うのです!

 

NEWSが望むNEWSになりますように!!