カンガエゴト・オモウコト

かわいい笑顔をしてくれているのが幸せ。

はじめてひとりで遠征にいってきました! #V6 #TheONES

これまで、ぼっち舞台、ぼっちミュージカル、ぼっちコンサートにはいったことがあったのだけど、初めてひとりで遠征にいってきました。

 

9月唯一の現場はV6でした。 

 

lisakaiho.hatenablog.com

 

V6は、私が初めて中1の時にジャニーズショップに行ったときに悩みに悩んでかった岡田准一くんのナマ写真を2枚買ったこんな私ですが、思い出深いグループです。

准一の准という漢字をその時初めて覚えて書く練習をする乙女みたいな時代に私は、元気が出るテレビジャニーズ予備校でひとめぼれして、それで4歳の内海くん以来の担当になりました。

と、いっても私の担当という概念は今とは比べ物にならないくらいのレベルで、CDを買う、MYOJOを買う(その他ドル誌も吟味して買う)、MYOJOを切り抜いてロッカーのドアに貼る、下敷きに挟む、ナマ写真を買って眺めるくらいでした。

 

私の学校は中高一貫の女子校だったので、だいたいみんなジャニーズ好きだったのだけど、その中にはもちろん強火の子もいて、私はダンス部に所属していたのだけどカミセン担が3人いて、その3人はすごかったから、それには及ばないなあなんて思ってた。

 

なにしろ当時中学生だから、”ファンクラブ入ってなきゃ、ファンじゃない!””気軽に好きなんて言わないで!”って言われるものだから、ジャニオタになるのはよほどの覚悟がないといけないんだろうと思っていたし、その頃ってどんな厳しさだったのか、、、ちょっとよくわからないのだけど、コンサートの次の日に”椅子から転げ落ちて足を折った”とか見ると、V6のコンサートはどんだけ騒ぐんだろう??!??!と不安だったりしてそうこうしていくうちに、黄金ジュニア期に突入して私も強火のお友達には一歩ひいてそっちに興味が沸くようになっていった気がします。

 

今となっては、好きっていう気持ちはどんな気持ちであれそこに優劣などないし、その好きを貫けばよかったのだけど、思春期って難しいものですね。笑

 

で、ジュニア担から嵐担、そしてNEWS担になったいまとうとう私もあの”V6"のコンサートにいってみたい、、、と思うようになり、Twitterでお友達になった方からチケットを運よくお譲りしていただき、仙台へいってきました。

 

今年は2度目の仙台。

NEWS好きになってから、だいぶ遠征するようになったのでタクシーを予約して新幹線を予約して準備万端で向かいました。

 f:id:lisakaiho:20170920201341j:image

1時間前に着いたのですが、凄く売り子さんが丁寧でツアーバックにグッズを全部入れる優しい方だったからかそんなに並んでいないのにうちわとペンラを買って席に着いたら2分前でドキドキしました。

 

コールは ”V6"パンパン でした。

あ、KAT-TUNもパンパンしてたな、、、とか思っているうちに暗転し、はじまりました。

 

細かい内容はネタバレになるので書けませんが、40代がいるジャニーズでこういうアイドルコンサートをしているのってもうV6がトップの年齢だと思うんですね。

 

その中で私は見た世界観は”大人ジャニーズかっこいい!!!!”でした。大人ジャニーズなんですよ、すべてが。

 

まず会場が結構黒を基調としていて、華美は装飾はなくてシンプルだけどメインステージとセンステが独特のせりのような形で変形していきながら舞台を創っていくのが凄く”舞台”ぽくて、超おしゃれ!!と思いながら見ていました。

 

衣装も前半2点、後半2点?(うろ覚えですみません。。。)で統一感のあるシックなスタイル。西陣織の伝統的な和の生地を使ったものから、V6らしいジャケット&パンツからもちろんツアーTまでありました。

 

照明は大好きレーザーが凄くきれいで、あ~この空間本当にかっこよくてアダルティでこういう魅せ方ができるジャニーズが先輩になるなら後輩は絶対安泰だし、こうやって大人おしゃれなコンサートを牽引していってほしいなあと思いました。

 

これは文化なのかもと思ったのが、うちわが名前うちわしかないこと。

お手振りをかなりしてくれるV6ですが、ファンサうちわが私が見た限りはなくてだからずっとお手振りしてくれてるんです。

そして、銀テが結構中盤ででたのもびっくりしました。

リフターがないのも斬新でした。

あとセトリ的に私の行く殆どのグループはぶちあげ曲→今年のシングル曲とかアゲアゲ→ソロタイム→MC→ソロタイム→ダンスナンバー→バラードみたいな流れが多いのですが、結構前半でバラードが入ったり、特効がほとんどなくて面白い魅せ方の演出が合ったりしたことかなあと思います。

 

MCは安定のいのっちと健くんと時々岡田くん。

”今長野くんポイント貯めてるんだ~!”っていう岡田くんに健くんがわ~わ~言ったり、いのっちが前回仙台いったことをちょっと忘れてしまっていたのをわ~わ~いったり、かわいいほっこりMCでした。

立ち位置動かないのはさすがです!(といってもNEWS位しか動いてるのみたことないです。)

 トニセンかっこよかったなあ。プロだなあ。。。

そしてカミセンの演出がすごかったなあ。面白かったです!

ダンスもかっこいいし、にこにこ可愛いし、V6楽しいなあ~って思っているうちにアンコールを迎えました。

アンコールのコールも”アンコール!”だった!これも2パターンありますが、アンコールなんだなあV6は!って思って一緒にコール。

 

出てくれくれて可愛かったな~にっこにこでした。

そして、なんとダブルアンコールありました。

 

最近はどこのグループもダブルアンコはオーラスのみって感じだったので、ちょっとびっくりしたけど、嬉しかったです。

 

健くんがはける時に投げチュウしてくれてキャー!って言って終わるの凄く幸せでよかったなあ。

 

V6凄く楽しかったです。

色んなグループのコンサートに行くけど、どのグループもカラーがあってやっぱり好きだなあ。そして、やっぱり築いてきた歴に芸というものは裏付けされているのだなあと思います。

 

ジャニーズ好きだなあ。

 

ひとり遠征は本当に誰とも話さないので、口が開くか何度か確認したりもしましたが笑、帰りはずんだシェイクとお土産と牛タン弁当を買って、すすすっと新幹線でかえりました。

 

f:id:lisakaiho:20170920201533j:image

あ~遠征っていいなー。

またいけたら行こう。行きたいときは、わがまま言っても行こうと思ったひとり初遠征した。

 (ただ一人だと、写真となら過ぎて何もなかった!)

V6の皆さま、まだまだツアーは続くのでご自愛ください!!

V6のファンの皆さま、仲間にいれていただいてありがとうございました!

 

f:id:lisakaiho:20170920204119j:image

 

スキなんだよ マジで #チャンカパーナ #NEWS

好きなんだよ まじで!

好きなんだよ マジで!

すきなんだよ まじで!

すきなんだよ マジで!

 

どの表記が正しいのかわからないのですが、もしかしたら”君にHITOMEBORE”の歌詞の好きはの表記はスキだから

 

スキなんだよ マジで!

かな~~~~~~~。。。

 

夏の歌の特番全て終了して最後の最後で、2017年地上波初の”チャンカパーナ*1でした。

 

フェロモン対決って発表になってから2週間くらい

フェロモンとはなんぞや。

フェロモンというからにはこの曲か?あれもいい~~~これもいい~~~!!

これがフェロモンぞ(セクシーな画像添付)

みたいなあつい談義がTwitterでしこたま行われて最終的には

NEWSが赤ちゃんなのばれちゃうかな

NEWSかわいすぎるから大丈夫かな

なんて心配までしましたが、なんと楽曲は”チャンカパーナ”。

大好きだし、絶対ドームであの前奏が流れたらぎゃ~~~~~~~~~~っていう曲に間違いなんだけど、ちょっとあれです。

Dance in the darkとかさ、バンビーナとかさ、セクゾとまさかのチュムチュム Dubaiとかさ、こっちが勝手に想像してただけだもん。全くNEWS悪くない。

 

でもそんなMステの幕開けだったのですけど、出てきたらあのSilent LoveのNEWS担みんな着てほしかった衣装きてくれてて、それだけでテンションが爆アゲする私たち。

 

”わ~~~~~んん。待っていたよ、この衣装”

”しかもビジュ完璧~~~~~”

”シゲちゃんけだるいセクシー、、、もうフェロモン全開?!?!?”

”まっすーほんとに黒髪きた!!!!ひゃ~~~~~~本気!!!”

”てごちゃんは安定の可愛い!!赤ちゃん!!!”

って感じのTLだけど、精神的支柱の、まま役を一手に引き受けている小山慶一郎リーダーがさっきまでnews every.だったものだから3人で、いつもよりだいぶ静かな3人でした。

 f:id:lisakaiho:20170919180235j:image

最近、わかったことがあって、けいちゃんがいない3人の淋しげな心細げな姿に萌えることにお友達と気づいてしまって、24時間テレビの時もそうだったんだけど*2またそんな3人を見てしまったモンペの私は

 

ずっと心配し続けて、

安堵しました。

NEWSもこんなにちがうから仕方ないよね。

 f:id:lisakaiho:20170919180301j:image

トークでてごちゃんがいつもKラジとかでいってる

Sexy Zoneは顔面偏差値が高いんで!”も本人たちに直接伝えられたし、よかったね!!!!!!

いや~ほんとね、けいちゃんきたらあなたたちこんなに元気になるのね?笑顔になるのね?って感じで大好きなNEWSでした。

 f:id:lisakaiho:20170919180334j:image

セクゾは段々最近けんてぃが面白い王子様方向になってきちゃってて、山田くんとかタッキー方向の王子様だったはずなのにてごちゃんの王子様方向になってきちゃっているんじゃないか老婆心ながら心配はしているけれど、あいかわらず可愛かったな。

Lady ダイヤモンドってジャニーズっぽさが凄くあるキラキラした楽曲だけど、昔は可愛い少年たちが歌っていたアイドルソングをこうして青年に差し掛かってくるアイドルたちがまだ歌う姿も煌めいていて素敵だった。

 

そして、NEWSがスタンドマイクと有線マイクをセットしているときにさすがのけいちゃん場を繋ぎ、てごちゃんに”セクシーSUMMER”と一発芸を披露させてからのチャンカパーナ

もうね、余裕が凄い。

そして、こやますシゲの色気が本当にいい円熟味を帯びてきているというか30代になるとこんなに違うの????!!!!という驚きも感じさせる色気。

しかもけいちゃんほっぺに”Sexy Zone"いれてきた。

 

え、、すごくない???

 

カメラをじっくり覗き込むその視線も、こっそり覗き込む視線も、ほんとうに凄くよかった。

てごちゃんは、パアも含めてごめん、、、めちゃくちゃめちゃくちゃ可愛かった。でも歌はかっこよかったよ。

てごちゃんチュウしてるのももう赤ちゃんをあやしてるのかな??って思うくらいの可愛さだったけど、

 

スキなんだよ マジで

はほんっとに3人ともよかったです。。。。

約束するよ Lady ダイヤモンド

ごちそうさまでした!!

そういうね、臨機応変に対応するところが本当にNEWSの大好きになところだよ。

対決っていったってジャニーズはファミリーだし平和で可愛くてかっこよくてふわふわしててあたたかくてずっとハッピーなところにいるアイドルだからそんな物騒なことはできません。だからこそのこういうコラボ凄くよかった。

 

楽しかった!!

 

セクシーチャンカパーナ  by NEWS

 

おつかれさまでした。私の大好きなアイドルちゃん。

毎日色んなことがあるけれど、私の心をつねにぽかぽかさせてくれるのはアイドルだな。

 

今日も可愛くて幸せだ。

f:id:lisakaiho:20170919180356j:image

 

*1:少プレで7月に1度光一くんとコラボで披露しているけどBSのため。

*2:けいちゃんがパーソナリティだったので、いつも段取りをチェックしているけいちゃんがいなくて3人がステージ上にぽつりと残されて、どこにいけばいいのかわからず、話しかけられず所在なさげに居たこともあって

NEWS2017年の歌唱曲をまとめてみた!

秋の夜長じゃないですけど、ねむたくて溜りません。

みなさんも夏の疲れから少しのんびりされたりしてみてはいかがでしょうか。

NEWSものんびり期に入ったのでここで2017年の歌唱曲でもまとめておこうと思います。

少プレが始まって以来、NEWSの歌のレベルがぐんぐんあがっているのはNEVERLANDでもよくわかったけれども、テレビでどれだけ歌を歌ったかなあと思ってリスト化してみた。(皆様にもチェックしていただいてありがとうございました!)

f:id:lisakaiho:20170907110244p:plain

 

1月~8月末までに全37曲歌っている。(シゲちゃんソロ曲あやめ含む)

一時期のNEWSからすると2016年ごろから飛躍的に歌唱回数は増えているのではないかと思うし、歌唱曲数も増えているのではないだろうか。

 

ちなみに

f:id:lisakaiho:20170907105248p:plain

どの曲をどれだけ歌っているかランキングでいくと、当たり前だけど2017年唯一のシングル曲”EMMA”を7回そして、次点にはだいたい大型音楽番組で選ばれるTOP1か2位のWeeeeK。そして、同じくU R not aloneが3回歌われている。

 

ちなみに赤がアルバム曲、青がカップリング曲、色なしがシングル曲なのだけど、

シングル曲・・・13曲 23回

アルバム曲・・・9曲   11回

カップリング曲・・・3曲 3回

だった。

 

これってすごくない?もちろん、NEWSのシングルのリリースが、、、なんて声も聞こえてくるけれども、若干後輩があと1曲だしたらNEWS並ばれちゃったりするくらいのリリースの少なさではあるけれども、、、アルバム曲を9曲 11回歌うのってかなりアーティストとしても珍しいと思うのです。

 

地上波であってもこれだけ歌っている。

f:id:lisakaiho:20170907110855p:plain

大型音楽番組で局側からタイアップ曲等で指定でお願いされるようなこともあるけれど*1その音楽番組から例えばヒットソング(シングル曲)等の指定がない限り、最近はテーマに合わせて歌を選んでいるように思う。

昨年のハロウィン音楽祭の”BYAKUYA”もそれで全私が話題だったけれど、

 

lisakaiho.hatenablog.com

 

f:id:lisakaiho:20170907122934j:image

 音楽の日もいのちのうたも24時間テレビも”U R not alone"を選曲したNEWSってほんとにもう大好きだよっていうか(私の気持ちなどどうでもいい)さすがだなあというか、ちゃんとここでテーマ性のある曲を歌ってくれる私が勝手に感じる誇らしさと喜びとあの時のU R not aloneを一人で思い出してウェッティになったりにこにこしたりしている。

 

lisakaiho.hatenablog.com

 f:id:lisakaiho:20170907122649j:image

 

THE MUSIC DAYエンドレスサマーもファンリクエストNo1だった”エンドレスサマー”とNEWSがエピソードを添えて歌ってくれるところ(正しくはちゃんと調べてくれたり取材してくれた日本テレビさんに感謝です。)

 

そして、これだけテレビで歌が歌えるようになるって嬉しいことだなあと思うんです。さいきんのNEWSはアルバムリリース時にリード曲をテレビ歌唱するってことがここ2年ないのはちょっと残念だけど、NEVERLANDは今年のハロウィン音楽祭があれば絶対やってくれると信じてるからとても楽しみ。

 

今年はあと何曲歌えるんだろう。

地上波でNEWSを見られるタイミングってほぼリリースのみなので、リリースがどうしてもほしいのだけど、、これに関してはNEWSだってリリースしたいのだろうから、待つしかないんですよね。

 

がんばれNEWS!!!

数字がきっと足りないのかもしれないけれど、私が石油王だったら100万枚かってあげてミリオンをNEWSに届けたいけれど、どうかNEWSにリリースがきまりますように!

 

シングルリリースあれば5~7回歌唱できると信じてます。

今の所決まっているのが9月のMステウルトラFES

f:id:lisakaiho:20170907121023p:plain

Sexy Zone とフェロモン対決?!?!?

そのほかにでてほしいのが

TBS ハロウィン音楽祭

日テレ ベストアーティスト

FNS 歌の歌謡祭

テレ朝 Mステスーパーライブ2017

各2曲歌うとして8曲。

 

少プレで9月はちょっと歌わなそうだから、10月、11月、12月歌って6~8曲。

多く見積もっても55曲かな。

 

これから冬の歌の特番に向けてNEWSがどんな歌唱をしてくれるか、ほんとにほんとに楽しみにしています!

 

そして、てごちゃんのサッカータイアップソング待ってるよ~~~~!!!

けいちゃんのドラマタイアップソングありますように~~~~~~~~!!!!

 

*1:昨年のベストアーティストでNEWSは”ANTHEM”を歌ったけれどこの時は後にラジオで局側からお願いされたと言っていた

2017年のジャニーズ現場 私のまとめ【1月~8月末】

いつまとめようかなあと思っていたのですが、区切り悪いけどまとめておきます!

 

f:id:lisakaiho:20170905152114p:plain

1月1日 カウコン(どっちにいれるか迷うけど、カウコンからにします)

カウコンは女神様にお譲りしてもらって、バルコニー席でみました。NEWSがさみしくないように(後にやっぱりてごちゃんはカウコンではよく自分のファンが他のグループの振付を踊ってると嫉妬することが判明したからあの時はNEWS全員分のうちわを掲げ続けててよかったねとゆりえちゃん*1と話してた。しかし完全なる自己満足笑。)NEWSがツアーを発表したとき、私達は一瞬理解ができなくてWeeeeKに入れなかったような気がする。

NEWS大好きしかいってなかったかな。

てごちゃんとシゲちゃんがすぐ隠れるからかわいかった。

lisakaiho.hatenablog.com

詳しいことはここに!

 

1月1日 Hey!Say!JUMP @東京ドーム

ドームはうちから近いから一旦かえってCDTV見てから夕方ドームへ。

アリーナは3回入ったので、ドームはどんな感じだろうと思ったらありったけの王子様なJUMPがお出迎えしてくれた。

外周に外灯のようなランプがついていて、フロートもかぼちゃの馬車みたいでJUMPがジャニーズコンサートの王道を引き継いでいくんだなあと思った。

私はMy Girlが好きなので、年初めからなんてありがたや~って思いながら聴きつつ、アリーナとドームのセトリが結構変わっていたのも面白かった。

これは、アリーナツアーとドームコンサートが別々で組まれたからできることだなあと思った。一緒のツアーだったらそこでしか味わえないコンサートを全く違うテイストにはできないけれど、JUMPは同じアルバムで2度別のコンサートを行うような作り方だったので、それは強みだなあと思った。

元旦からカウコン・JUMPと眼福でした。

 

1月4日 ジャニーズWEST @横アリ

WESTははじめましてのコンサート。

神ちゃんのダンスと歌が好きで、少クラをみてWESTにいってみたいな~と思ってFCができたので軽率に入って初のコンサートだった。

WESTはかっこいい系と面白い系が交互にくるような感じで、かっこいい系がLDHな感じだった。

スモークたいて、文字を入れるセンステの演出がかっこよくてデビュー3年でこんなコンサート作るの凄いなあと思った。もちろんジュニア歴もみんなすごく長いし、ずっと一緒に(同じグループではないにしろ)関西ジャニーズJrとしてやってきたからこその絆なのかなあと思った。

JUMPもだけどWESTもソロがないので、ユニット曲だったから神ちゃんのダンスがもっと見たかったなあとは思うけどそれは未来に期待。

神ちゃんは私の中では大野くん枠だから、凄く凄く楽しみにしている。

 

4月~6月 ひたすらNEWS

私史上最高で最強のコンサートだった。

世界一大好きなコンサートだった。NEVERLANDが好きすぎて、NEWSの好きってとどまることを知らないなと気づかされた世界観だった。

ただただ好き。

好きすぎてNEVERLANDの円盤がでてもひとりでは見られないかもしれないから無理やりだれかと同時再生しようと思うので、その時は声掛けします!!!←

あとその発売週の土日コンサートが入らない限り、鑑賞会やります!!!!!!みんなで見てみんなで泣こうね!!約束だよ!

lisakaiho.hatenablog.com

8月12日 Kis-My-Ft2 @横アリ

いつものキスマイより、かっこよさ強めだった今回のMUSIC COLOSSEUM。

ドームのキスマイって外周回るときに駆け抜けていっちゃって、防振で追いかけきれないときもあるのだけど、アリーナはよかった。

ウーハーのようなステージをセンステに作っていて”音”しかもavex感を凄く感じる内容になっていた。センステが四角くて回っていくの意外と珍しいなと思ってその舞台を逆回転しながら踊るのがとってもかっこよかった。

あと、コントをやっていて、キャラが思い思いだったのあれは自分で考えたのかな??

面白かったです。途中でタップが入ったり、ベースを弾いてみたり、内容は盛りだくさんだったので、キスマイのいつもより近くで会えるならキスマイの良さを凝縮して伝えたい気持ちの表れだったのかなあと思った。

 

8月13日 関ジャニ∞ @東京ドーム

前半バンド、後半アイドルみたいな構成になっていていつものコントはなし。ジャムというタイトルの通り、フェス形式のバンドを前半に詰めているのがこれまでと違った所だったかもしれない。

バンドもいつもはムビステのだったりするのに、今回はメインステージのみ。ただしめっちゃ映像も照明もかっこよかった。

後半は、ラップバトル対決が凄いエイトらしくてすきだったし、ユニット曲というかよこすばひなちゃんのお兄さん組と丸ちゃん、りょうくん、やすくん、大倉くんの弟組(と表現していいのかわからないけれども)のアイドル感がとてもすきだった。

私はやっぱり黄金世代のジュニアを好きだったあの頃があるから、よこすばひなちゃん3人組には泣いた。あれは仕方ないよね。泣いちゃう。

だって、当時読んでたドル誌の写真とかでてくるんだもん。8Jのあとどうしてるのかなあってふと思い出したなあとかこみあげてきて、今更過ぎるけど3人のユニット曲すごくくるものがあった。

そして、その後の4人のムビステが(やすくんは歩きだったけど)センターに集まっていく演出かっこよかった。あれは全ジャニオタが好き。

バンドで会えない分会いに行くよ~っていって何度も何度もトロッコで外周を走ってお手振りするエイトが可愛かったし面白かった。

 

8月19日 ふぉ~ゆ~ @クリエ

『GACHI』

8月までの現場で唯一の舞台。

ふぉ~ゆ~は初めてでした。いつもKinKi Kidsのバック(しかもBRで)か、カウコンでしかお会いできないふぉ~ゆ~を初めてみた。

内容としては面白いところを詰め込んだ濃厚なストーリー展開だったけど、ダンスに気合いをいれていた舞台だった。

ふぉ~ゆ~はダンスが凄いときいていたので、ダンスをこれだけたくさん見せてくれる舞台はふぉ~ゆ~の為に作られたんだろうなと思って、そういうのって幸せな気持ちになるなあと思った。

女装する展開が面白くてず~っと笑ってた。ふぉ~ゆ~はこれからのジュニアの1つの目指すグループになるかもしれないけれど、それは舞台班という道なのかなあと思った。ジャニーズはもともとCDデビューが目指す夢だったかもしれないけれど、近年デビューという形ではなく、屋良朝幸くん・長谷川純くん・佐野瑞樹くんといった舞台俳優で活躍するタイプや生田斗真くん、風間俊介くん等テレビ映画で俳優として活躍するタイプなど様々だけど、その中にグループとしてCDデビューではない方向性の活躍する新しい形になっていくのも凄く面白いし、興味深いだろうなと思った。

 

8月29日 亀梨和也ソロコンサート  @国際フォーラムA

 亀梨和也ここにありといったソロコンで、ジャニーズとしてのソロコンの最高峰かもしれないなと思う。とにかくジャニーズだった。何がジャニーズなんだろうと考えると帝劇舞台のあのショーのような感じだからジャニーズなのかもしれない。帝劇と亀梨和也は切っても切れないと私は思っているけれど、そんな亀ちゃんのいわゆる”亀梨和也”感がこれほどまでに詰め込まれたコンサートは全く初めての感覚のコンサートだった。

亀ちゃんのソロコンを見て正直もうこのソロコンを越えるソロコンは無いんじゃないかと思った。

全く違う方向性のソロコンだったら面白いし見たいと思うけれど、王道ジャニーズのソロコンは亀ちゃんにしかできないかもしれないと感じた。

それくらい煌めきとギラギラ感とアイドルとをてんこ盛りにされているショーだった。個人的にはツキノミチを三日月に乗ってでてくる亀ちゃんが最高だった。ツキノミチが2017年に聴けると思わなかったし、それも三日月に乗ってでてくるという何ともアイドル要素たっぷりの演出で見せてくれるの有難すぎてジャニオタだったら誰でも拝んでしまうレベルだった。

 

と、ここまでが私の現場日記である。

9月にはV6、10月には加藤シゲアキ主演”グリーンマイル”も控えていて、うまくいけば12月に嵐かなあと言った今年のジャニーズ現場。

31~33くらいで終わりかなあ。

行きたいなあって思っているのがあと少年たちとMADEとトラジャのお台場LIVEかなあ。

振り返るのはまだ早いけど、半分くらいはNEWSだったけど楽しいジャニオタ活動が2017年も送れているなあと勝手に思ってにこにこしています。

 

これだけたくさんのグループがあって、これだけどのグループも個性を出せるのって本当に凄いなあと思っていて、ジャニーズの凄さってあの瞬間にあるまさに”煌めき”と”ギラギラ”と本当にファンへの愛情のような気がしていて、だから私はジャニーズが好きなんだなあといく度に思うのです。

 

たまたま多くグループがある中で、私の好きな方向性と完全一致しているのがNEWSだけど、それだけじゃなくてどのグループも個性の塊なのはやっぱりジャニーズ事務所の育成方法がしっかりとしていて先輩から後輩に引き継がれていく文化のなかで、また各グループや個人なりの解釈で広げていく力があるからなのだと思います。

 

そのソフトが強いジャニーズはやっぱり芸能界で強いなあと感じてやまないのです。昨今外野からいろんなことをいわれるジャニーズ事務所ですが、それだけのファンがいて芸能界での大きなパワーがあるからこそのこの注目度なのだろうと思います。

 

求められなきゃどんなに事務所に力があっても勝ち残れない厳しい芸能界の中で、1つの”ジャニーズ”という事務所の名前が文化になっている事務所はジャニーズだけなのではないかなあと思います。

 

そんなジャニーズ事務所をこれからも応援なんて言えるようなレベルではないので、見させてほしいなと思いますし、この文化を大切に守るためにお金を払わせてもらえたらなあと思います!笑

 

*1:私の小学校の幼馴染で二宮・小山担

もしもNEWSが広告代理店にいたら

金曜・土曜と弊社でイベントをやっておりまして、途中阪急メンズ館のいきつけのカフェで先輩とお友達を待っている間にもしもNEWSが広告代理店にいたらって妄想をしていたのが楽しかったから書き留めておこうと思います。

  

 

 

第1営業本部 本部長:小山慶一郎

f:id:lisakaiho:20170904172117p:plain

 小山本部長のあの優しくて強かで、部員(メンバー)の動きをきちんと見ているあの包容力と愛情深さは本部長でいてほしい。

 そして、営業本部の花形の本部長であってほしい。大手クライアントとの取引を開始してそのクライアントはその代理店のメインの一つとものなっているクライアントをずっと担当していた本部長。

 景気が悪くなったとき〇〇ショックや震災があったときも、部員に声掛けを積極的に行って第1営業本部の売上を回復させた本部長。

 小山本部長は時々声をかけてくれて”最近がんばってるから今日の夜みんなでちょっといくか?”なんていってちょっと美味しいお店につれていってくれたりして、でも2次会は”俺はいいから、みんなで楽しんでな。〇〇で切っちゃっていいから”っていって経費で落とすのをOKして帰っていく、何ともイケメン本部長。

 本部長は同行も多いので、いろんなクライアントともちゃんと話せてスマートでおしゃれであってほしい。

”御社の本部長、ほんとかっこいいですよね!”なんていわれたいがために、新規クライアントの営業もがんばっちゃうんだろうな。本部長クラスが同行してくれるとなったら年間出稿額が9桁いかないと難しいから、そんなクライアント開拓しなきゃならないのほんと営業冥利に尽きるわ。

 追って話すけど、手越部長とはいつも仲良しで慕ってるし、人脈で取引をすることになったクライアントは必ず手越部に任せるそんなところもある。

 ちょっと涙もろくて、可愛いところもあって部下の結婚式とかでかっこよくスピーチしたあとにご両親への手紙で、小山本部長が1番泣いてるじゃん!!!くらいに泣いちゃうし、ご両親とはおめでとうございます!!!って破顔して握手ぶんぶんしちゃうんだけど、まあそんな本部長を結婚式に呼べてよかったなあなんて思う本部長めっちゃほしくなりました!

 

第1営業本部第1部 部長:手越祐也

 

f:id:lisakaiho:20170904172202p:plain

 手越部長は新規クライアントをバンバンとってくる、やり手の営業マンで最年少で営業部長になったらしい。

 表彰もその代理店の中でNo,1されている。そしていまは、大手飲料メーカーを担当してて、サッカーの試合のスポンサーもやってるから大忙しだけど、サッカーも大好きだしいつも楽しそう。

 甘いマスクでクライアントの受付の方や周りの社員からもいっつも手越部長見たさにお茶出しじゃんけんできちゃうほど!

 飲料メーカーはあのジャニーズの人気グループNEWSを使ってて(ここも妄想)毎回そのCMが当たっちゃうんだから本当にかっこいいね。楽曲ももちろんNEWSのさわやかソングです。

 ”手越部長に憧れて”営業になりたい男性社員も多くて、手越部長飲みにつれてってくださいよ~っていう社員でいつも人気者。

 会社では、サッカー部に所属しているんだけど、マスコミ関連のリーグがあってそこでは優勝を何度もしちゃうチームになっている。仕事も忙しいのにサッカーの練習には必ず顔を出して、いっつも元気に声掛けしてる手越部長だけど、試合となるとちょっと負けず嫌いが出ちゃったりして、そんな憎めない手越部長です。

 

 クリエイティブ部 クリエィティブディレクター:増田貴久 

f:id:lisakaiho:20170904172343p:plain

 カタカナの役職増田CDの創る世界観のファンがクライアントに多くて、CMもグラフィックも増田さん指名のお仕事がバンバンはいってくる売れっ子クリエイターは、よく手越部長とタッグを組んでプレゼン勝っているから、社内では、増田CDと仕事がしたい営業でいっぱい。

 昨年も世界3大広告賞のカンヌ、クリオ、One Showで受賞していたし、センスって言葉はこの人のためにあるんだなあ~って社員がいつも思っています。

 会社に着てくるお洋服もいつも奇抜だったり、凄くラフだったりするけれどそこもかっこいいんだよね。プレゼンの時にきてるジャケパンも高そうだけどどこのブランドなんだろう?靴もいっつもいい靴はいててさすがです。

 ちょっと私生活は謎で、いつも颯爽と帰っていくんだけど意外と美味しいけど個人経営の焼き鳥屋さんのカウンターとかで、楽しく盛り上がっている姿を目撃されていたりする。

 時々、マーケティング部の加藤部長と飲んだりしてるみたいだけど、あの2人は中学の同級生らしくてお互いの分野ですごく協力し合いながら、プレゼン前とかはミーティングしているのをみて、尊敬しあっていながらも楽しそうにしてるからちょっと羨ましいな~って周りの社員は思っているけれど入り込めない雰囲気でもある。

 かっこいいなあ。

 

マーケティング部 部長:加藤シゲアキ

f:id:lisakaiho:20170904172423p:plain

 マーケティング部の加藤部長は、時代を創る男”加藤シゲアキ”としても有名でよくテレビなどにでていたり、インタビューで宣伝会議とかにもよく載っちゃう。

 甘いマスクからセンスある言葉がでてくるからコメンテーターとしてもテレビでひっぱりだこでもある。

 代理店のマーケティングは、人の行動心理からトレンドから世の中の動きを読みとくために色んな事を多岐にわたって興味を持つことが大切だけど、加藤部長はこの夏もフェスも2ついったみたいだし、釣りも相変わらずいってるみたいだし、かと思えば舞台や演劇みるのも好きみたいだし、お料理もかなりの腕のようだし、映画も沢山見ているようだし、本も沢山読むし、そして色んなトレンドの場所で目撃されているのを見るととにかく多趣味で俯瞰の目を持っているのが強みだというのが傍目からみてもわかる。

 加藤部長が関わっている仕事なんか楽しそう、たぶん”売れる”んだろうなあというのがもっぱら社内の評判。

 小山本部長からは凄く頼りにされているみたいで、手越部長をよろしくなんていう姿もよく見かける。

 

この4人で、プレゼンに挑んだら絶対勝てるって言われているのは、まぁ見ての通り見た目もガンガンイケてるのに、4人4様の勝ちポイントを持っているから。

 カンヌで受賞したときの授賞式の時の雑誌に載った写真かっこいいなあ。ほんと!

 

f:id:lisakaiho:20170904171952p:plain

 

彼らもね、新入社員当初はやんちゃで大変だったって人事部の偉い人がいってたって。 

「  チャラかったなあほんと。」

みんな襟足長めだったもんね。

 

 

  以上、もしもNEWSが広告代理店にいたらでした!

 

 

 

 

 

 

 

#24時間テレビ の #小山慶一郎 くん

 

 24時間テレビ第40回メインパーソナリティ 嵐の櫻井翔くん KAT-TUN亀梨和也くんそして、NEWS小山慶一郎くん本当にお疲れ様でした。

発表から4か月かな。長くもあり短くもあった24時間テレビの準備期間。

そして、けいちゃんへの好きがまた加速する2日間でもあった。NEWSのリーダーがけいちゃんで本当によかったし、けいちゃんはNEWSの誇りだなと常々思うそんな24時間テレビだった。

 f:id:lisakaiho:20170901021324j:image

 

小山慶一郎の信頼性

仙台でてごちゃんが”小山さん、パーソナリティでNEWSの歌うたえるように勝ち取ってきてね(ニュアンス)”といっていたことを(その時のニュアンスとしては嵐の楽曲を歌うことになるだろうけれども、NEWSの曲も歌ってねみたいな感じだった。)のにけいちゃんは、NEWSを24時間テレビに呼んでくれて”U R not alone"を4人で歌唱という大舞台を勝ち取ってくれた。

U R not aloneは、応援歌だ。

全ての夢を諦めない人、そして背中を押してほしい人への応援歌だった。

f:id:lisakaiho:20170901032337j:image

NEWSはもちろんけいちゃんを筆頭として小説家としての顔を持つ加藤シゲアキくんがいてビビットでもコメンテーターという立場で出演していたり、ラジオもメンバー4人でレギュラーで4本あり、そして手越祐也くんはサッカーアースで生放送でMC、そして増田貴久くんはネタパレというお笑い番組でレギュラーを持っていて、まさに言葉を大切にし、言葉で仕事をしているグループでもある。

好きになったころにみた夜会でけいちゃんとシゲちゃんはなんておしゃべりなんだ!!!って思ったし、そのころみた選挙特番でけいちゃんがあまりにも選挙の生放送でのアンカーとしてのコメントがうますぎて、NEWSって何??って思っていたほどだったから、伝える立場として歌うのには適任だったのかもしれない。

しかし、まさにけいちゃんが日テレの信頼をどれだけ得ているのかがわかるそんな24時間テレビでもあった。もちろん、NEWSの歌で伝えていくことを大切にしているグループというのは根底にあるのだろうし、それを認めてもらえているというのも私は涙が出るほどうれしい。けれど、けいちゃんがメインパーソナリティに選ばれなければそんな機会を得ることできなかっただろうし、そこでけいちゃんがプッシュしてくれなければ、NEWSが歌唱するということは実現しなかったと感じている。

けいちゃんはまさにNEWSのリーダーだった。

 f:id:lisakaiho:20170901022920j:image

”言葉で伝えていくこと”まさに告白が今回の24時間テレビのテーマだったが、私は仕事もメインが紙媒体の言葉が大切な”伝えていくこと”がメインの仕事にかかわっているからこそ、”言葉”はやっぱりなくてはならないし、言葉で伝えるからこそ意味があるのではないかなあと思うことが多々ある。

f:id:lisakaiho:20170901022926j:image

そんなけいちゃんが信頼されてるからこそ、NEWSが2年連続で武道館で歌うことができたのだ。けいちゃんへの日テレ信頼度は相当なものだ。

 

小山慶一郎の気遣い

けいちゃんの気遣いは、空気のようだ。しゃべくりで羽鳥さんが

”小山くんは楽屋に置いていく台本にスタッフさんへの感謝と気遣いが綴られている”というエピソードを紹介してくれたが、けいちゃんの気遣いとはまさにそういうことだ。

本当にすべての気遣いが、自然に当たり前のようにできる。

普段から常に気を遣っていなくてはできない気遣いだなと感じる。だって社会人としてみんな働いててあそこまでできるか?って聞かれたらそうそう”YES"と答えられる人はいないのではないだろうか。

私はその場に応じるということが社会人ではとても大切だと思っていて、けいちゃんはその場に応じるのがとてもうまい。

去年の24時間テレビはNEWSがやる明るくて楽しい24時間テレビだった。今年は”伝える”をテーマとして先輩である櫻井翔くん、亀梨和也くんと一緒に後輩として共に務めるメインパーソナリティだった。翔くんは、チャリティーとしての意義をとても大切にするタイプだからこそ、けいちゃんはそれを深く理解していたように思う。

ただ、けいちゃんに課せられていることはそんな今回の24時間テレビのなかでも”小山慶一郎”としての役割をきちんとこなしていてそこがさすがにプロだなあと思った。

けいちゃんはずっとゲストのエスコート、そして椅子の片づけ、時には椅子が足りなければ自分が立ち後ろに回る。ゲストが座るまで自分は座らない。そういったことをすごく大切にしていた。今回もまた羽鳥アナがとあるアイドルの名前を噛んでしまったがそこもうまく助けていたりと、気遣いが絶えなかった。

そして、笑顔を絶やさない。

これって凄いことだなと思った。けいちゃんがワイプに抜かれる顔は常に優しかったし、慈愛に満ち溢れていて、聖母かと思った方もいると思うのだけど、本当にずっとあの表情をしていた。

心が優しくなければ、私はそんなことできないと思うし、それはゲストや共に務めている各パーソナリティへの気遣いだと思った。

 

小山慶一郎のMC&アナウンス力

4時台のけいちゃん、あの時間でもったいないと大声で言いたいけれど、けいちゃんはきっとそんなのいいんだよって笑って言うと思う。でも4時台のけいちゃん凄くないですか??

桝アナが24時間テレビで1番憂鬱だったといっていたあのズームイン&ZIPの4時台を桝アナとともに務めたのは水卜アナではない。けいちゃんだった。

f:id:lisakaiho:20170901021639j:image

徳光和夫さん、福留功男さん、(ちょっとこのお二人はもう”さん”というくらい大御所なのでさんにしてみた。)福澤朗アナ、羽鳥慎一アナをゲストに迎え、桝アナと小山慶一郎くんでMCって相当な力がないとできないと思った。

ちょっとやそっとのMC力では居たたまれないくらいの大御所が集まったズームイン&ZIPでは、それ相応の力がなくてはあの場を任されることはできないと思った。

 f:id:lisakaiho:20170901021646j:image

しかもけいちゃんが仕切ったり回したりしていて、それって並大抵の努力ではかなわないことだ。

私は常々いっているけれども、選挙特番の生放送で現場にいってインタビューをできる芸能人はいまのところアナウンサー以外で、きちんと務められるのはけいちゃんしかいないと思っている。

それは、NHKの報道局でバイトしていたあのとき報道局長がいっていた

”選挙特番は唯一各局が生放送で同時間に同じ内容を伝えていく報道番組で、1番報道局の威信をかけて戦う番組なんだよ。”という言葉が残っているからだ。

その選挙特番で現場にでて、インタビューするって凄いことだよ。

そんなけいちゃんだから、きっちりと24時間テレビでもまとめあげていた。タイミングの計り方、言葉のチョイス、そして1番大切だと思った声の大きさ。そのどれもが、完璧だった。

One Loveを歌う前、けいちゃんが何やらディレクターと打ち合わせをして、話しているのが見えた。それは実はカメリハというかタイムを計ってコメントがきっちり尺内におさめられるかをチェックしていたのだけど、それをしていたのはけいちゃんだけだった。これが生放送を秒単位でこなしていけいちゃんなんだと思った。正直まだコメントを言う前だったのに、かっこよすぎて泣いた。

ディレクターと話す回数も1番多かったけれど、何より自分で聞きに行く回数が1番多かった。けいちゃんにアイドルを!と思っているファンの方もいらっしゃると思うけれども、けいちゃんしかあんなに美しくてアナウンス力身に着けているアイドルはいないからどうか応援してほしいと思う。

けいちゃんのMCとアナウンス力は間違いなくNEWSの武器だから、絶対に絶対に大切に想っていかなければならないと感じた。

けいちゃんは本当にプロだった。

 

小山慶一郎のアイドル性

亀ちゃんがソロコンで”小山、これがアイドルだぞ~覚えとけよ”というレポを読んだのだけど、ぜひぜひ亀ちゃんもけいちゃんのアイドルを見に来てほしいなと思っている。(しかし亀ちゃんのソロコンは凄すぎて亀ちゃんにしか出来ない。まさにアイドル亀梨和也だった!!)だって、アンパンマンマーチみました??

f:id:lisakaiho:20170901022645j:image

アンパンマンマーチあんなにノリノリでしっかりとすべての振付を覚えていたのは、ほかでもないけいちゃんでした。

もしかしたら、あそこは歌を歌えばよかったのかもしれないし、そこまでばっちり踊る必要はなかったのかもしれなくて、誰も間違いではなかったと思う。でも、けいちゃんはそこでばっちりきめてきた。

とにかく楽しそうに可愛くきめていた。

けいちゃんめちゃくちゃアイドルだった。誰よりもアイドルだった。

 f:id:lisakaiho:20170901022652j:image

One Loveは、その前に亀ちゃんと翔くんは振付の確認を2人でしていた。けいちゃんは最後に戻ってきたから、大丈夫かななんてしなくてもよい心配をしてみたりもしたけれど、そんなの無駄だった。

けいちゃんのOne Love最高だった。カメラ抜かれた瞬間もウィンクまでいれてくる余裕を見せるけいちゃん。私はこれはけいちゃんのアイドルとしてのプライドだと思った。けいちゃんはチカラウタでオーディションで元々後列だったけれど、最前列まで上がってきたのはダンスの練習を休憩時間でもずっとやりつづけ、わからないところは聞いてきっちりと踊りきったことだといっていたし、毎日スプレーで茶髪を黒髪にする手間暇をかけてもアイドルに徹していた高校生活を送っていたからできるけいちゃんのアイドルとしてのプライドだった。

全てが美しいアイドルだった。

希望~YELL~ははじめジャニーズの楽曲がくる流れじゃなかったのと、普段とイントロの音程が違っていたから会場中がこの曲なんだろう??って空気に一瞬包まれたのだけど、けいちゃんがいつもの声がけをしてくれたからわかった。

この気持ちのいい煽り、NEWSだ!って思った。

けいちゃんは歌とダンスの時は、完璧なアイドルだった。それって凄いことだと思う。世の中に生まれながらにしてアイドルと後天的に努力して手に入れたアイドルがいるとしたら、もしかしたらけいちゃんのアイドル性は後天的に努力して手に入れたアイドル性かもしれない。

けれども、そのアイドル性をここぞというところで発揮してくれるのがけいちゃんだった。

本当に本当にかっこよかった。

 

24時間テレビを終えて、けいちゃんが好きしかでてこなくてずっとずっと好きなところを言い合っていた。けいちゃんの手話も、けいちゃんのバラエティ力も、けいちゃんのNEWSが来たら喜びすぎちゃうところも、けいちゃんの1番大切なものが”手越・増田・しげ♡”なのも全部だいすきだった。

大好きだって思うところを上げていったらきりがないくらいだった。

私はどうしようもなくNEWS担だから、もうどのメンバーも大好きで大好きでたまらない。

でもけいちゃんは宗教なんです。

フィナーレを迎えてきていたDMが”いつ小山会をやりますか?”だったので、小山会メンバーはきっとみんな同じ気持ちなのだろうと思う。

だって、なんてったって小山会は小山担がいないのだ。でもけいちゃんのことを褒めたたえたく仕方なくて、けいちゃんのことしか話さない会なのだけど、けいちゃんが大好きな私たちはNEWSデビュー日の9月15日に開催することが決まった。

 

どこまででもNEWS担だ。笑

 

けいちゃんがリーダーのNEWSがいつもにこにこできていて、思うようなNEWSであり続けられますように。

 f:id:lisakaiho:20170901022951j:image

 

結果もちゃんとついてくるのはこれまでの努力があったからこそだ。

www.asahi.com

 

けいちゃん本当に本当にお疲れさまでした。そして素敵な24時間テレビをありがとうございます。

 

ジャニーズと歌。そして、手越祐也とNEWSと歌。

 てごちゃんが以前、”うちのガヤがすみません”に出たときにデビュー時に、お兄さんジュニアからやんややんや言われて、

 f:id:lisakaiho:20170810172128j:image

 

f:id:lisakaiho:20170810172249j:image

 f:id:lisakaiho:20170810215608j:image

こんな反抗をしたことを話していました。やんちゃ期のてごちゃんです。笑

 お兄さんのお部屋の中には、まっすーもいたようですがまっすーはどんな顔をしていたのか、、、考えるとにやついちゃいますね。。。となりにいたシゲちゃんは、苦笑いをしていました。笑

と脱線しましたが、てごちゃんのデビューには間違いなく”歌で認められる”ことは不可欠だったと思います。

 

 ジャニーズはジュニア期にシンメを組んで、そしてグループに入り、デビューするというのが多分一般的な流れです。

 この前のビビットでもまだグループに属していない無所と呼ばれるジュニアたちの目標が

グループに入りたい

でした。

 ジャニーズには現状大きく分けてバレーユニとジュニア期からグループを組んでデビューするという2通りのパターンがあって、バレーユニはジャニーさん以外予想もつかない解体と合併が行われたりするため、グループに所属するというのが1番のデビューに近づく目標なのかもしれないと感じています。

 ジュニアからのグループデビューもバレーユニデビューも、それはどの時点でグループとなるかであって、”歌”が認められるとグループ入りをする可能性が高まるのかもしれないなあと、昨日のトキカケを見て改めて思いました。

 V6の坂本くんの場合、歌がうまくてもしかしたらグループ入りする予定だったのはTOKIOだったかもしれないけれど、昨日城島くんがジャニーさんから電話がかかってきて

「この歌声を聴いて。」って電話越しにテープを聴かされていたというのだから、思ったよりジャニーズ事務所はというか、ジャニーさんは歌を大事にしているのかもしれないなと思いました。

 思ったより、と書いたのは私は正直アイドルは”歌を聴くのではなく、パフォーマンスを見る”ことを重視していたからで、歌って踊るのには限界があるため、歌をそこまで重要視していると思っていなかったからです。(ごめんなさい。ジャニ神さま。。)

 しかし、嵐のデビュー時にも大野くんはジャニーさんに辞めると伝えていて、ジャニーさんはA・RA・SHIのレコーディングを

”ジュニアのレコーディングがあるから手伝ってくれ。”といい、ハワイで記者会見するときも

”最後だからハワイにいこう”(全てニュアンス)といい、連れて行ってデビュー会見を行ったから、やっぱり歌担当は必ずグループに一人は居れるのだろうと感じていました。

 また、時を経てまっすーは、てごちゃんと声の相性が良いからシンメとなって、てごちゃんと同時期にマイクを持つようになったと言っていました。まっすーの方がジュニア歴は長いですが、それを聞いても”歌を武器にシンメで組む”にも合う声の重なり方までジャニーさんは考えているのだなあとも思いました。

 てごちゃんは歴代3位のジュニア歴の短さでデビューしています。(デビュー時は2位で、1位は岡田くんだけど岡田くんは元気が出るテレビジャニーズ予備校で人気もあったし、知名度もそこそこあって私もそのころは岡田くんが大好きだったから通常デビューとはちょっと違ったように感じていました。)

 当時はそれこそジュニアが沢山いて、そこに控えていたのは同世代か少し年齢が上の現在の関ジャニ∞KAT-TUN、Kis-My-Ft2(当時はKis-My-Ft.)、A.B.C-Z(当時はA.B.C)と続々とデビューしていくグループもあったし、もう辞めてしまった有名ジュニアも沢山いたので、まあてごちゃんは色々いわれたのだろうと想像できるし、”NEWSがデビューしたのが1番悔しかった、中でも手越なんて歴も短くて”って今は笑いながら言われることも多々ありました。

 そんな中で、てごちゃんがデビューできたのは本人も言うとおり、歌だったのだろうと思います。

 パフォーマンスとしてのダンスはジュニアやその後もレッスンがありますが、歌はありません。歌のレッスンは個人でやるのか、どうか、、、深くはわかりませんが、てごちゃんは個人的にボイトレに通い、メンバーに実力で追いつくしかないと考えたのもてごちゃんらしいなと思います。

 ジュニアのときにジャニーさんが歌を歌える子いない?と聞いたときにてごちゃんを推薦してくれた当時のジュニアくんありがとうございます。(だれだかご存知の方教えてください!!)ジャニーズ事務所内にはカラオケがあるようで、そこでまっすーと共に歌って2人は晴れてシンメとなったようだから、歌で人生が変わっていったジャニーズNo.1はてごちゃんかなあと思っています。

 

 その後、てごちゃんは虎視眈々とセンターを狙っていくストーリーも大好きでそれを想うだけで胸がぎゅーっとしめつけられます。

その頃は今よりもずーっと負けず嫌いで、JEのスタッフさんに”もっと歌割りがほしい!!”と言っていたてごちゃん。

歌でセンターに上っていこうと心に決めたてごちゃんは晴れて2007年(デビューから3年とちょっとで)”星をめざして”では山Pとダブルセンターになります。(もう泣きそう。。。もちろん基本は山Pがセンター!)

 てごちゃんのジャニーズ人生は、歌とは切っては切れないものだと思います。

 そんな中で、ジュニアがCDデビューがないなんて話もありました。

ジャニーさんが当分デビューはしないなんて言葉もなって、きっとジュニアたちにも不安があると思います。

 

 てごちゃんはそんなに幅広いジュニアとのお付き合いはしていないけれど、何人か深く慕ってくれるツアーに帯同してくれるジュニアやMADE、そしてTravis Japanの七五三掛龍也くんやSixTONES京本大我くんがいて、レコーディング風景を見せたり楽曲提供をしたり、そして最近はボイトレなんかもしているようです。

そこにはてごちゃんなりの想いがあるのだろうなと思います。

 8月号のドル誌で

広島でのコンサートのあと、Jr.も含めてごはんに行ったのよ。焼肉を食べながら、いろいろしゃべって。そのあと、何人かのJr.が「まだ話したいんですけど」って言うから、移動して、部屋で話したよ。Jr.からは人生相談をされることが多くて、やっぱり彼らならではの悩みとか不満があるからさ。それに対してどうすればいいか、とか。よく、デビューするにはどうしたらいいか」っていう相談もされるんだけど、オレは「歌を極めることがデビューへの最短距離だと思う」って言ってる。これはあくまでもオレの意見だけどね。踊れるジャニーズは多いけど、歌の実力がとびぬけている人は少ないと思うから。がんばってほしいよね。

と言っていました。

 私はダンスをずっとやっていて思うのは、ダンスは正直言って1年くらい本気でやればまあまあそこそこ踊れるようになるということ。(とはいえ、私も15年くらいダンスをやって全然別にうまくはなってないのですけど、笑)

 だから、私もダンスより歌をやれた方が後々絶対に役に立つだろうと感じています。

 

 そして、最近特にNEWSは歌に関する言及が増えました。

まっすーが

歌という原点に返っていて、改めてNEWSの楽曲をよくするために自分にできることはまだまだいっぱいあるんじゃないかという思いが強まっています。

僕はNEWSの楽曲が大好きです。歌えば歌うほどより好きになるし、愛着も湧いていく。でもファンの人の中には「この曲で人生が変わりました。」と言ってくれる人や、僕よりも強い思いでNEWSの曲を聴いてくれる人がいる。NEWSの歌がよくないといわれれば、それは自分のせいだと思うくらい責任を持って歌ってきたけれど、聞いてくれる人のことを思ったら、もっともっとNEWSの歌をよくしていかなきゃって思うんです。NEWSの歌を、僕が引っ張っていきたいと思います。

と頼もしい言葉があって、

シゲちゃんが

僕の場合は、この1~2年でNEWSのレギュラー番組『ザ少年倶楽部プレミアム』で生バンドをバックに歌ったり、歌の中で大事なパートを任されることが増えてきた。その状況におじけづいたしまうこともあったけど、ビビりながらも前に進んでいたら、あるとき「できる気しかない!」と思えたんです。それがたぶん、成功体験が自信につながった瞬間なんだよね。

僕が目指すのは、聴く人の心に届く歌。何か泣けるなぁっていうような、そういう歌を歌いたいと思うんです。正確な音程やリズムで歌うだけじゃなく、一つ一つの歌にもっともっと気持ちを込めて、自分は表現者だという自覚を改めて持ちたいと思います。

けいちゃんは

体幹トレーニングを始めたのは、歌のためです。もともと僕は、歌に対する苦手意識がものすごく強くて、もちろん今までも努力はしてきたけれど、これほど真剣に向き合ったことはなかったかもしれません。自分の欠点を見つめて、認めて、欠けている部分を補いたい。歌に対する苦手意識を払拭して、ファンのみんなにもっといい歌を聴いてもらいたいと思うから。

手越やシゲ、まっすーにも「どうしたら歌がよくなるのか教えてほしい」とお願いして、いろいろ教えてもらっています。だからこの連載で手越が僕やシゲの歌を褒めてくれていたと聞いたときは、本当にうれしかった!自分でも昨日より良くなった部分に気づけたときは、すごくうれしい!楽しい!

と言っています。

 てごちゃんは、シゲちゃんとけいちゃんの歌に対して”すごく進化をしている”として(まっすーも少プレの沖縄でシゲが歌がすごくうまくなった。けいちゃんが本番に100%で合わせてくる。リハでできないことは本番じゃできないのに、それは努力っていってました。)

ただ、自分自身の歌のゴールはまだまだ先です。どんな状況でも絶対にいいパフォーマンスができる自信はあるけれど、そこがゴールじゃない。僕がNEWSにいちばん還元できるのは歌だという自負があります。その想いを胸に、ゴールに向かって走り続けます。

 NEWSの音楽のために沢山の環境で聴きながら、”何で聴いてもいちばんいい音”を探して、楽器とボーカルのバランスを調整して曲を仕上げていくといっていて、ここまでするようになったのはNEWSが4人になってからだと言っています。

特にボーカルなんかは4人それぞれの捉え方で歌っているわけだから、語尾の長さとビブラートのかけ方にバラつきがあるのが当たり前だと思うし、聴いていてもそのほうが楽しいと思うから。NEWSの音楽的なことに関しては、コンサートも含めて僕がいちばん口出しします。やっぱりそこがいちばん、自分のこだわっている部分だからね。

 

 NEWSは当時人気Jr.だった山下くんを中心として歌えるメンバーが選抜されて組まれたグループだと聞きました。

 だから今、上期アルバムTOP10に元メンバーのTAKAがいるONE OK ROCKがいて、バンドを中心に活動の幅を広げている元メンバーである錦戸亮くんのいる関ジャニ∞がいて、NEWSがいたのはなんだかうれしいし、かっこいいなあと思いました。(NEWSがもっともっと売上をあげられますように!!)

 

 ジャニーズは歌ってないなんて言われたり、歌を求めてないなんて言われることもあるけれど、やっぱりジャニーさんの根幹には歌が軸としてあるのだろうし、グループもリリース活動とコンサートが、歌がなくては、始まらないことから、歌は大切な部分だと感じています。

 

 NEWSは今回NEVERLANDでもオール生歌に挑戦していたけれど、それだって本当に踊りながら、パフォ―マンスをしながらあそこまで仕上げてくるには時間がかかったはずだけど、それが彼らのアイドルとしての強い決意のようにも感じました。

 そんなNEWSが歌う”U R not alone"はアルバム内の最もメッセージ性の強い曲で、それをNEWSは全力で歌うという”歌で想いを届ける”ことに挑戦してきました。

 そして、音楽の日で披露し、さらにNHKのいのちのうたで100名強の学生さんと届ける応援ソングとして”U R not alone"を披露しています。

だれにもあの日の僕はあったと思うし、夢を叶えている途中で、誰かに背中を押してほしい日もあると思いますが、そんなときにぜひ聞いてもらえたらと思います。

 

 

 

lisakaiho.hatenablog.com

  NEWSもファンの前では自分たちの為に歌っていた日もあって、そして、テレビの前では”誰か”のために歌っていると感じています。

 どちらも素敵な想いだと思っていて、そしてそんな楽曲を聴いてほしいなと思います。

 ジャニーズの歌ですが、それでも1度ぜひ聴いてほしいなと思います。

 

 8月18日 NHK総合 いのちのうた 0:10〜

(8月17日 24:10〜)

司会はNEWSの加藤シゲアキくんです!!

 

 

 

 

NEVERLAND(通常盤)

NEVERLAND(通常盤)

 
NEVERLAND(初回盤)

NEVERLAND(初回盤)